≫栄養管理室
給食部

当院では、食事をより良い環境でおいしく食べて頂く為に、新鮮で旬の食材を取り入れています。
常食をはじめ、患者様の病態に合った食事について、調理スタッフと話し合い食事を提供しています。

また、リハビリ・看護部と連携をはかり、嚥下・摂食障害のある患者様に嚥下食や経口訓練食を取り入れています。

嚥下食や経口訓練食を提供する事により、
  1. 経口からの食事摂取を可能にし、患者様のレベルアップを目指しています。
    口から食べる事が脳を刺激し、リハビリ効果を高めることにつながると考えています。
  2. 誤嚥性肺炎の発生を極力減らし、合併症予防を目指しています。
嚥下食や経口訓練食以外の一般食においても日々の献立の再検討を行い食べやすい食事作りに努めています。

これらの活動の他に、生活習慣病に関して、入院・外来にて栄養指導や退院後の食形態などの食事相談・指導も行っております。食事について、ご質問等ございましたら、お気軽に声を掛けて下さい。

当院脳卒中予防センターでは体験型栄養指導が行える、ICチップ内臓「食育SATシステム」を県内初導入いたしました。

 食事の問題点も、その場で体感することが出来、何をどのように改善すると良いのかを理解しやすいのが特徴です。

普段食べている料理や飲み物を、以下の写真のような実物大フードモデルで選んでいただき、台に乗せるだけで瞬時に総カロリーを表示し、当院管理栄養士が毎日の食生活の問題点を診断・栄養指導を行います。
            
 
                       いわさきグループ 食育SATシステム 

栄養管理室一丸となって、患者様の疾病の改善と満足して頂ける食事作りに励み、努力して参りたいと思います。